猫ミームとは何? ちいかわ作者のナガノ先生に何があった?栗まんじゅう先輩は禁酒に成功

トレンド

このブログはアフィリエイト広告を使用、Amazonアソシエイトに参加しています。

ナガノ先生に何があった?

先日、ちいかわの作者として有名なナガノ先生がXにこんな投稿をしました。

ナガノ先生の公式X

ナガノ先生は「ピチピチパチャパチャパチャドゥビドゥビ…」
と何か動画を楽しんだあと
寝る時もそれが頭から離れなくなってしまったのか、
夢に出てきたのかうなされています。
その「ピチピチパチャパチャパチャドゥビドゥビ…」の正体は
この動画だと思われます。
確かに中毒性がありますね。
そしてこの動画は「猫ミーム」というものです。

猫ミームとは

その後、Xは猫ミームで埋め尽くされました。
猫ミームとは猫に関係するインターネットミームです。
そもそも“ミーム”ってなんですか?

Xに投稿された猫ミームたち

ミームとは

「meme(ミーム)」は、文化的な情報の単位でです。
リチャード・ドーキンスが1976年に提唱した概念で、
遺伝子が生物の進化を司るように、memeは文化の進化を司るとされます。
一つのアイデア、行動、スタイル、または使用法が、
人から人へと模倣を通じて伝播する現象を指します。

簡単に言うと流行り、ブームです。

インターネットミーム

インターネットミームとはネットスラングで
日本では「ネットミーム」とも言われています。
インターネットを介してある動画・画像・表現・言葉・情報などが
模倣を繰り返しながら、
広く拡散されていく様子・現象を指しています。

結局、猫ミームとは

猫ミームは切り抜いた猫の映像に字幕を重ねて
ストーリー仕立てにしている動画群です。

実写の猫の映像を切り抜いて背景の前に並べて、
字幕をつけて劇のようにストーリーを見せる動画群。

内容は投稿者の日常生活にかかわる話が多い。
また、同一人物を表す猫が場面ごとに変わることも多い。
声は当てられておらず、あったとしてもその動物の声が入る程度で済まされている。
使用される猫は以前からミームにされていたものも複数含まれる。

猫を扱ってストーリー仕立てにしたものでは
「Happy cat series」と呼ばれる動画がTikTokに2023年時点で存在している。
そちらに登場した猫も現在の動画に登場することがあるが、
この時点では字幕は付けられておらず、架空の話が扱われていた。

現在見られるスタイルの流行の直接的なきっかけは同じくTikTokと思われ、
遅くとも2024年1月初頭ごろから
「猫ミーム」という名称でこのスタイルの動画が
流れてくるという投稿がX上にある。

猫という誰もが知っている素材を使っており、
簡易的な編集でも作成できるためか、
2024年1月末にYouTubeや
ニコニコ動画、X等でも多く投稿されるようになった。

ニコニコ大百科(仮)より

ナガノ先生が見ていたと思われる猫ミームの原曲はこちらです。

Christellの楽曲 『Dubidubidu』

ちいかわ最新話

ちいかわ最新話では、栗まんじゅう先輩はすっかり禁酒に成功したようです。
しかし、この謎の紫の敵?を前になにか動きがあるのでしょうか。

ちいかわ なんか小さくてかわいいやつ 全6巻 kindle版購入はこちら


DMMブックス↓

アニメちいかわの配信は

DMM TV↓

ちいかわ

ABEMA、Amazonプライムビデオ

にあります。

ここまで読んでいただきありがとうごさいました。

関連記事
『好きな総菜発表ドラゴン』とは? 歌詞 元ネタ 新たなネットミームか?
| ケサのおすすめは何でしょう? (cesa-cesa-happy.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました